今さら聞けない疑問!スキンケアは毎日をしないといけないの?

daily-skin-care

女性にとってスキンケアは日々の生活と切り離せないものです。

しかしそのスキンケアは、毎日した方がいいという意見と、毎日する必要はないという意見の両方があります。

普通衛生的な理由もあり毎日のスキンケアが正しい用に思いますが、本当はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

スキンケアを行う理由

肌が綺麗になるからと、毎日のようにスキンケアを行っている人がほとんどでしょう。

ですが、シンプルライフやロハスに代表される、自然で健康的な美意識の広まりから、化粧品を用いない期間を作る「肌断食」ということばが生まれてきました。

肌断食はライフスタイルやスピリチュアルな理由だけで行われているのではありません。

実際日々のスキンケアによっては肌にダメージを与えてしまうことが、近年では指摘されているのです。

そもそも、なぜスキンケアを行う必要があるのでしょうか?

スキンケアを行う目的は大きく分けて

  1. 若い頃の肌の状態を維持すること
  2. シワやシミ、ニキビなどの肌トラブルを回避すること
  3. 化粧による肌への負担を軽減

の3つに分けられます。

肌状態の意地

人間の肌は年齢を経ることによって様々な変化が生じやすくなります。

その原因はホルモンや生活習慣など様々ですが、どれも年齢を経ることで肌に影響を及ぼしてきます。

ですから、本当の年齢よりも若い肌を得るために化粧品などで肌に必要な栄養や成分を与える必要があるのです。

シワ・ニキビ等肌トラブルの回避

人の肌は紫外線や活性酸素によって肌本来の役割が保てなくなりがちです。

そうなった時にシミが生じてしまったり、シワが出来たりすることがあります。

これらの肌トラブルが生じないように、紫外線の影響を弱くしたり、シワができないような成分を含んだコスメでバリア成分などを肌に補給するケアが有効になるのです。

化粧による肌負担軽減

化粧は綺麗に見せるために欠かせないものですが、化粧の種類によっては肌に負担をかけてしまいがちです。

化粧の多くは肌の水分を奪うため乾燥肌に傾きます。また、化粧をつけたままにすると、化粧が酸化することも。

だからこそ肌の不足し表皮の水分不足やダメージを回復させてあげなくてはいけないのです。スキンケアとは、肌にとっての回復アイテムなのです。

スキンケアを毎日行う必要があるか?

上ではスキンケアが必要な理由についてお話ししましたが、スキンケアの頻度についてはどうでしょうか?

ここまで、スキンケアの重要性について書いてきましたが、実は全てのスキンケアを毎日行う必要はないのです。

例えば化粧を落とす際に、クレンジングを行うのが一般的だと思います。

化粧をしていない日でも毛穴の油取りや、朝の洗顔にミルククレンジングを利用する人もいるでしょう。

しかしクレンジングは肌に刺激を与えやすいため、化粧をしない日の利用はあまり肌に優しいとはいえません。

肌には「バリア機能」というものが存在しており、肌を外敵から守るためにセラミドなどの細胞間物質が肌の中に豊富にあります。

クレンジングをしすぎてしまうと、そのバリア機能を破壊してしまうのです。

バリア機能がなくなった肌は菌が入りやすくなりニキビの発生や、乾燥の原因になったりすることがあります。

その他にも、シミを防ぐスキンケアにおいて、肌のターンオーバーを促進する「ピーリング」というスキンケアがあります。

しかし、ピーリングは肌の細胞を薄く剥がしてしまうので、毎日行うと肌が弱くなると言われています。ピーリングを行う頻度は大体週に1回でいいと言われているので、し過ぎないように注意しましょう。

もちろん、毎日行った方が良いスキンケアもあります。基本的に、化粧水や乳液などの化粧品は毎日塗った方が化粧品の効果が出やすいものが多いです。

これらの化粧品は肌に栄養を与えるので、できるだけ定期的に栄養を与えなければいけません。

またこれらの化粧品にはシミやシワができにくくしやすいとされているビタミンなどを含んでいるので、肌トラブルを防ぐ意味でも、毎日のスキンケアが必要といえるでしょう。

また、多くの人は毎日洗顔を行いますが、洗顔のあとは肌の皮脂が少なくなっている状態です。

肌に負担のかけないスキンケアを

スキンケアの種類によって、行う頻度は変わってきます。

スキンケアにとって最も大切なことは、肌にどれだけ負担を与えないかどうかです。

本来、化粧品は肌にとって異物ですので、たくさん使えば肌にダメージを与えてしまいます。

例えば、化粧水などは毎日使えばいいとご紹介しましたが、1日に十数回もつけてしまうと、肌の水分が過剰になってしまい、肌に栄養を与えるメリットよりも、肌のバリア機能が低下してしまい肌トラブルを引き起こすデメリットの方が大きいです。

ですので、毎日行う化粧品も、取り扱いの目安の回数を守らなければいけません。

反対に、肌にダメージを与えやすいとされるクレンジングを、全くしなければ化粧を完璧に落とせずに肌にさらなるダメージを与えてしまいます。

それは肌にとって良くないので、クレンジングによる肌のダメージはある程度覚悟して、スキンケアを行う必要があります。

スキンケアで大切なのは、肌にダメージを与えない程度に使用するということです。

スキンケアによるメリットがデメリットを下回るのであれば、そのスキンケアをする意味はありません。

肌をきれいに保ちたいのであれば、肌に悪いことをするのではなく、肌にいいことをしてあげることこそが大切です。

肌にいいスキンケアの頻度を学んで、肌にとって最良のスキンケアを行えるようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション