フランスでクレジット払いの利点と盗難にあった際の対処の仕方教えます!

creditcard

ワーキングホリデーする際悩むのが、滞在先の国へのお金の持って行き方です。

多額の現金を持って行くのは危険です。

クレジットカードは、現金を持たず、どこでも使用できるので、大変便利です。

スポンサーリンク

海外ではクレジットカード払いが主流!

スリの多いフランスでは、現金は必要最小限で、一般的な買物はほぼクレジットカード払いです。

レストラン、カフェ、スーパーなどほとんどのお店で使用できます。

支払いの際に、身分証の提示を求められる場合があるので、パスポートは必ず携帯しておいたほうがよいです。

なぜクレジットカードが2枚以上必要なの?

クレジットカードは、必ず2枚以上作った方がよいです。

クレジットカードは長く使用していると、磁気不良が起きます。

再発行してもらうにも、時間がかかります。

海外に滞在しているのであれば、郵送も難しいですよね。

カードの有効期限も出発前に必ず確認して下さいね。

カードの有効期限の確認は怠りがちです。

滞在中にカードの有効期限が切れてしまっては大変です。

また、私の経験談ですが、当時予備のクレジットカードを持たず、美術館で財布をスリに合ってしまったんです。

現金は小額でしたが、クレジットカードも財布に入れていたので、大変あせった記憶があります。

財布に2枚とも入れてしまっては、予備のクレジットカードの意味がありません。

1枚は日常用に財布に入れ、もう一枚は、ホテルや滞在先と別の場所に置いておきましょう。

クレジットカードをスリに合ってしまった時は、不正使用されない為にも、すぐに止めたほうがよいです。

クレジットカードを紛失した場合に備えて

また、紛失した際に備えて、クレジットカード会社の連絡先やカードの番号を控えておきましょう。

クレジットカードの限度額

また、利用限度額がオーバーになってカードが使えなくなってしまった友人もいます。

新婚旅行などは、出費がいつもより多くなりがちです。

必ず出発前に利用残高を確認し、不安な場合は、利用限度額をアップさせておくと安心ですね。

VISA、MasterCard、JCBどれがいいの?

海外では、VISAやMasterCardが使えるお店が多いです。

特に、VISAは、世界的に加盟店が多く、世界シェアNo.1です。

VISAカードを使えないお店を探すほうが難しいくらい、ほとんどの店舗で使用できます。

クレジットカードを新たに作るのであれば、JCBよりもVISAやMasterCardがおススメです。

海外旅行保証付きのクレジットカードがおススメ!

海外旅行保証付きのクレジットカードでも保証されるもの、されない物があるので確認しましょう。

大きな買物はなるべくクレジットカードでしておくと、後で盗難に合ったとき保証されるケースがあります。

パリで自転車を購入した際、割と良い値段だったので、クレジットカードで支払うことにしたんです。

2ヶ月もたたず、自転車は盗難に合ってしまいました。

保険金を支払ってもらいたい場合、必ず現地の警察に行き、盗難証明書を出してもらう必要があります。

私自身、留学して間もなかったので、まったく喋れず、泣き寝入りしようかと考えたのですが、あまりにも悔しかったので、現地の警察に行き、身振り手振りで説明したところ、無事盗難証明書を出してもらえたのです。

帰国後の保険金の申請手順

日本に帰国した後、クレジットカード会社に電話して、必要書類を記入し、現地で出してもらった盗難証明書を一緒に郵送すると、保険金がおります。

日本に帰国してから申請したため、申請した時のレートによって計算されます。

2ヶ月ほど使用していたため、全額とはいきませんでしたが、ある程度お金が戻ってたんです。

まとめ

海外で盗難に合った場合、言語が通じないからといって泣き寝入りせず、盗難証明書を出してもらいましょう。

たしかに、現地の警察に行って状況を説明するのは、とてもハードルの高いことですが、きちんと警察に届け出ることで、自分自身の気持ちの整理にもなります。

日本と同じように、ポケットに財布を入れていると、すぐ狙われます。

滞在先では、スリや盗難に合わないように、防犯に勤めることも大切です。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション