コラーゲン配合の化粧品、サプリメントは本当に効果がある?

collagen

肌のハリを取り戻す為に必要なコラーゲン。

多くの化粧品でコラーゲン配合が、キャッチコピーとして使用されています。

しかし、化粧品に配合されているコラーゲンは、本当に肌にハリをもたらしてくれるのでしょうか?

コラーゲン配合の化粧品やサプリメントの効果について検証していきます。

スポンサーリンク

コラーゲンは、肌にどんな効果があるの?

皮膚は、表皮、真皮と重なった構造になっています。

コラーゲンは、真皮に豊富に存在し、肌を支える役目を担っているのです。

コラーゲンは同じ細胞同士で結合し、強固にくっ付いています。

コラーゲンの周りにヒアルロン酸が存在し、真皮内を埋めているのです。

真皮のコラーゲンやヒアルロン酸の働きによって、肌が重力に負けないように支えられています。

コラーゲンやヒアルロン酸が肌に存在することにより、ハリのある肌を維持出来ているのです。

肌のコラーゲンがなくなるとどうなるの?

コラーゲンは、肌を支える為の重要な細胞。

コラーゲンが少なくなってしまうと、肌を支えられなくなってしまい、次第に重力に負けてしまうのです。

すると、肌が折りたたまれ、シワやたるみが出来ます。

コラーゲンが減少する原因は?

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、繊維芽細胞にコラーゲンを生成するように指令を出します。

しかし、加齢によりエストロゲンは減少傾向に。

エストロゲンが減ってしまうと、コラーゲンが生成されず、肌のコラーゲン量も低下してしまうのです。

コラーゲン配合の化粧品やサプリメントは効果があるの?

コラーゲン配合のサプリメント

コラーゲン配合のサプリメントは、通常口から摂取する、経口摂取タイプです。

コラーゲンは、タンパク質。

タンパク質は、体内の消化器官でアミノ酸に分解されてしまいます。

ですから、コラーゲンとしての効果が発揮出来ないのです。

もちろん、アミノ酸は、タンパク質の材料でもある為、一度分解されてしまっても、再びコラーゲンが生成される可能性はゼロではありません。

しかし、コラーゲンが作られたとしても、コラーゲンを必要とする関節や目に優先され、肌へは届きません。

ですから、サプリメントによるコラーゲン摂取の効果は期待出来ないのです。

コラーゲン配合の化粧品

肌には、セラミドなどの細胞間物質が存在しています。

細胞間物質は、肌に隙間なく存在し、異物が体の中に入ることをブロックします。

コラーゲンは、アミノ酸の集合体であり、分子量大きい物質。

ですから、外部からコラーゲンを注入しても、肌のバリア機能を通過出来ず、肌への効果も期待出来ません。

残念ながら、コラーゲン配合の化粧品やサプリメントでは、コラーゲンの生成にほとんど効果がありません。

コラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体

コラーゲンを肌に直接的に吸収させるのではなく、肌のコラーゲン生成を誘導するような成分を皮膚に吸収させることは可能です。

コラーゲン誘導物質として有名なビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体は、吸収率が高く、肌のコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

コラーゲン誘導物質を外部から導入することで、肌の弾力を取り戻す可能性が高いのです。

肌の健康の為に必須なコラーゲン。

しかし、正しい知識がなければコラーゲンの効果を実感出来ません。

正しいスキンケアの知識を身につけて、美肌を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション