コーヒーを毎日飲むと肌トラブルや老化の原因になる?コーヒーのメリット・デメリット

coffee

コーヒー好きな人は、一日に何杯も飲みがちです。

しかし、コーヒーを飲み過ぎると、肌トラブルや老化の原因になるのは、ご存知でしょうか?

コーヒーが肌に与えるメリット・デメリットを調査しました。

スポンサーリンク

コーヒーに含まれている成分やコーヒーの効果は?

コーヒーには、多量のカフェインが含まれており、神経を刺激する効果があります。

コーヒーを飲むと、頭がスッキリしたり、目が覚めますが、これは、カフェインの作用によるもの。

カフェインが、人間の交感神経を活性化させることによって、体を活動的にするのです。

また、コーヒーには、利尿作用もあります。

利尿作用とは、おしっこが出やすくなる作用のこと。

カフェインを摂取すると、カフェインが細胞から水分を吸収してしまうため、血管内に水分が増えてしまうのです。

すると、腎臓で作られるおしっこが増加し、尿の回数が増えます。

他にも、コーヒーに含まれている成分に、クロロゲン酸があります。

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種で、肌に良い成分なのです。

コーヒーが肌に与えるメリットは?

実は、コーヒーを飲むことによって、肌が綺麗になるメリットもあります。

肌が綺麗になる要因として、コーヒーに含まれている、クロロゲン酸が関係しているのです。

肌に紫外線が当たってしまうと、酸化物質の活性酸素が体に蓄積してしまいます。

活性酸素は、メラノサイトを活性化し、メラニンの生成を促してしまうのです。

メラニンが生成されると、肌に沈着してしまい、シミの原因になります。

クロロゲン酸には、抗酸化作用が備わっており、シミの原因である活性酸素を除去する働きがあるのです。

活性酸素が減ると、シミが出来にくくなります。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、肌のシミ予防・除去に効果的な物質なのです。

また、カフェインの利尿作用も、肌にメリットをもたらします。

おしっこを出すということは、体内の老廃物を外に出すということ。

老廃物が多いと、肌のターンオーバーやメラノサイトを刺激してしまいます。

カフェインの利用作用によって、体内に老廃物が溜まりにくくなるのです。

肌トラブルや老化の原因になるって言われてるけど?

肌の老化が早まってしまう原因は、コーヒーに含まれているカフェインによるものです。

カフェインには、神経を興奮させる作用があります。

神経の興奮が強くなってしまうと、神経の調節が上手くいかなくなってしまい、睡眠の質が低下してしまうのです。

睡眠の質が低下すると、肌のターンオーバーが上手く行われず、肌トラブルの原因になります。

また、カフェインには、血管を収縮させる働きがあります。

血管が収縮すると、血液の循環が上手く行きません。

肌に酸素や栄養を十分に届けられず、肌のターンオーバーが上手く出来なくなってしまい、肌が老化してしまうのです。

カフェインによる利尿作用も体に悪影響を及ぼします。

利尿作用が進みすぎてしまうと、体の細胞から過度に水分がなくなってしまい、脱水状態になってしまうのです。

脱水状態が長く続いてしまいと、肌の潤いが保てなくなってしまい、肌が乾燥する原因になります。

コーヒーはどのくらい飲んだらいいの?

コーヒーは、肌にとって、メリット・デメリットがあります。

コーヒーが持つメリットを引き出すには、1日にどのくらい飲むのが良いのでしょうか?

体質やコーヒーの種類にもよりますが、1日に飲むコーヒーの量は、2〜3杯が目安。

それ以上コーヒーを飲んでしまうと、カフェインの取りすぎによって利尿作用が進み、神経を興奮させ過ぎてしまうデメリットのほうが大きくなってしまいます。

コーヒーの抗酸化作用効果を得たいのであれば、1日に2〜3杯程度にとどめましょう。

コーヒーを飲みすぎてしまうと、肌にとってよくないこともありますが、適度な量は、シミ予防や除去といった美容面で優れた効果を発揮してくれます。

また、コーヒーには、利尿作用があるので、脱水状態にならないようコーヒー以外の水分を適度に取るのが理想的です。

肌に及ぼすメリット・デメリットを知って、毎日のコーヒータイムを楽しんで下さい。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション