クレンジングの種類と違い – 肌に負担の少ないクレンジングって?

cleansing

クレンジングには、オイル、ジェル、クリーム、ミルクなど様々な種類に加え、落ちにくいマスカラやアイラインを落とすための、ポイントメイクリムーバーもあります。

一般的には、オイルタイプが一番洗浄力が強く、ミルククレンジングが最も弱いです。

肌に1番負担が少ないクレンジングはどれなのでしょうか。

また、クレンジングをするときに気を付けるポイントも一緒に説明します。

スポンサーリンク

クレンジングの種類と違い

クレンジングには、様々な種類がありますね。

それぞれのクレンジングの特徴についてご紹介します。

オイルクレンジング

オイルによって、クレンジングを行う方法です。

オイルクレンジングは、洗い落とす力が強力なので、ウォータープルーフのマスカラや日焼け止めを落とす際に効果的。

ただし、オイルクレンジングは、肌への負担が大きいのです。

ですから、オイルクレンジングは、他のクレンジングで落とすことの出来ない化粧の時だけにしましょう。

リキッドクレンジング

リキッド(液体)をベースに作られたクレンジング。

リキッドクレンジングは、オイルクレンジングに次いで洗浄力が強くなっています。

また、液体でできているので、他のクレンジングに比べ、べたつきが少なく、ヌルヌルしません。

液体ですので、お風呂での使用が可能です。

クレンジングジェル

ジェル状のクレンジングです。

ジェル状なので肌に吸着しやすく、他のクレンジングと比べて、肌の奥までしっかりと洗うことが出来ます。

クレンジングジェルは、オイルタイプと水性タイプの2種類に分かれ、オイルタイプの方がクレンジング力が高いです。

クレンジングクリーム

クリーム状のクレンジングになります。

クレンジングクリームは他のクレンジングに比べ、化粧を落とす力は強くありません。

ですから、パウダー系の化粧を落とすことは出来ますが、ウォータープルーフのマスカラや日焼け止めは落としきることは難しいのです。

しかし、クレンジングクリームは、洗浄力は低いのですが、他のクレンジングに比べ、油分を多く含んでいるため、肌の潤いを守ってくれる働きがあります。

クレンジングミルク

ミルクのような白い液体のことを、クレンジングミルクと呼びます。

クレンジングミルクは、他のクレンジングと比べて洗浄力はありません。

ですから、クレンジングミルクは、パウダー系の化粧落を落とす際に使用しましょう。

肌へのダメージが気になる方は、優しく洗い上がるクレンジングミルクがオススメです。

せっけん

せっけんにも日焼け止め程度でしたら、洗い流すことが可能です。

しかし、化粧を落とすほどの洗浄力はありません。

ですから、化粧を落とすには、クレンジングを使うようにしましょう。

ポイントメイクリムーバー

濃いアイメイクやウォータープルーフのマスカラは、オイルクレンジングやリキッドクレンジングでも落とせないことがあります。

そのような場合は、ポイントメイクリムーバーを用いると、濃いメイクでもキレイに落とすことが出来ます。

クレンジングは洗浄力優先で選ぶべき?

オイルクレンジングやリキッドクレンジングが最も洗浄力が高く、肌への影響も強くなっています。

クレンジングを選ぶ際には、洗浄力だけでなく、肌への影響を考えなければなりません。

洗浄力が強いクレンジングは、その分肌への影響も強いのです。

ですから、毎日洗浄力の強いオイルクレンジングばかりを使用していると、ニキビや乾燥肌といった肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

クレンジングを選ぶ上で大切なことは、その時のメイクにあったクレンジングを選ぶことです。

濃いメイクをした際は、オイルクレンジングやリキッドクレンジングを、ナチュラルメイクの場合は、クレンジングクリームやクレンジングミルクと使い分けが大切。

クレンジングを使い分け、肌への刺激を最小限に抑えるようにしましょう。

1番肌に良いクレンジングは?

肌に良いクレンジングとは、肌に影響を与えないクレンジング。

肌に最も影響を与えないのは、クレンジングミルクです。

しかし、肌に影響を与えないからといって、クレンジングミルクが一番良いというわけではありません。

洗浄力が弱いクレンジングミルクを使うと、化粧を落としきれないことがあります。

肌に化粧が残ると、化粧が酸化してしまい、シワやたるみ、乾燥肌などの様々な肌トラブルの原因に。

落としきれなかった化粧は、クレンジングが肌へ与える刺激よりも強いのです。

クレンジングミルクで化粧を落としきれないようであれば、オイルクレンジングを使った方が良いと言えます。

しかし、毎日オイルクレンジングを使用すると、肌への影響は多大なものになるので、適度に使い分けることが大切です。

自分のメイクに合わせたクレンジングを選ぼう

適切なクレンジングを行わなければ、肌に大きな負担をかけてしまい、せっかくクレンジングをしているのに様々な肌トラブルになる可能性を高めてしまいます。

また、メイクを落としきれず化粧が肌へ残ってしまうと、肌へ負担をかけてしまうのです。

一番大切なのは、その時のメイクにあったクレンジングを使うこと。

クレンジングを正しく選び、肌に負担を与えないようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション