水だけで洗顔するのがいいって本当?

cleansing-method

洗顔は日々のスキンケアの中で重要な一つですが、洗顔方法は洗顔料を使うべきか、水だけで洗うべきかという話がよく上ります。

洗顔料のサッパリ感は病みつきになりますが、その分肌への刺激が強そうで心配になります。

洗顔料を使うのと、水だけで洗うことのどちらが肌にとっていいのでしょうか?

スポンサーリンク

洗顔をする理由

洗顔をする時のケアにはいつも洗顔料を使っている方が多いと思いますが、噂では洗顔料を使うよりも水だけで洗顔した方が肌にいいと言われたりします。

洗顔料を使わない方が肌にいいというのは本当なのでしょうか?

まず、なせ洗顔を行わなければいけないのかご説明いたします。

目に見えることは少ないですが、毎日顔などの肌にはたくさんの汚れがくっつきます。

この汚れはホコリや、よくない菌など様々です。これらの汚れは日々肌にたまっていくので、洗顔を行うことで汚れを落とさなければいけません。

ホコリなどの外からの汚れの他に、体から出る汚れがあります。体から出る汚れの大部分は古くなった細胞です。

人間はたくさんの細胞が集まって構成されていますが、体の細胞は日々交換されています。

特に肌の細胞は交換のサイクルが早く、古くなった細胞は肌から剥がれ落ちていきます。

剥がれ落ちる細胞は「垢」になって肌にたまることがあるので、落とせる細胞は落とした方がは肌が綺麗になりやすいです。

また、洗顔をすることで肌の「ターンオーバー」を促進します。先ほど述べたように、細胞というのは日々新しいものに交換されています。

古くなった細胞が剥がれ落ちると、次の新しい細胞が作られることをターンオーバーといい、特に肌の細胞に対して使うことが多いです。

古くなった細胞が肌にたまると困ったことが起こります。肌には皮脂という油のような物質を分泌する「皮脂腺」が存在しています。

皮脂腺は肌表面に分泌孔を出していますが、古くなった細胞がその孔を塞いでしまうことがあります。

すると皮脂が皮脂腺の中に詰まってしまい、皮脂腺の中で炎症反応を起こしてしまうことがあります。

このような状態を「ニキビ」と呼びます。また、洗顔料にはニキビの原因となる皮脂を洗い落とす効果があります。

つまり、洗顔をするのはニキビ予防のためにとても大切なことなのです。

洗顔料と水のどちらが洗顔に向いている?

洗顔をすることで、肌の汚れが落ちることはわかっていただけたと思います。

では、肝心の洗顔の際には洗顔料を使うのと水だけで洗うことのどちらが良いのでしょうか?

洗顔料を使うメリット

  • 皮脂の汚れが落ちやすい

洗顔料を使うデメリット

  • 皮脂を落としすぎる
  • 敏感肌の人には刺激が強い

洗顔料は皮脂を落とす力が強いです。

そのため、皮脂の分泌が多い「オイリー肌」の人は洗顔料を使った方が皮脂に悩まされることは少なくなります。

ただし洗顔料は皮脂を落とす力が強すぎることがあります。

実は肌にとってある程度の皮脂は必要なのです。

皮脂は文字通り「油」ですので、肌から水分が蒸発することを防ぐ効果があります。

洗顔料によって肌に必要な皮脂までもが洗い流されてしまうと、肌に必要な水分まで蒸発してしまい、乾燥肌になってしまう恐れがあります。

そのまま乾燥肌が続いてしまうとさらに困ったことになります。

長い間肌が乾燥したままだと、皮脂が足りていないと体が反応して、大量に皮脂を分泌するようになります。

すると乾燥していた肌が、今度は皮脂がたくさん分泌されるオイリー肌になります。

皮脂を減らすために使っていた洗顔料によって、逆に皮脂を増やしてしまう可能性があるのです。

また洗顔料には洗顔後の爽快感を出すような成分が入っていることが多いです。

その成分は肌に刺激を与えることが多いため、肌の弱い人にとっては洗顔料を使うことで肌がヒリヒリする可能性があります。

水を用いた洗顔のメリットデメリットは、洗顔料を用いた時と反対と考えれば良いです。

皮脂を落とす力は洗顔料ほど強くはありませんが、肌を刺激されることはあまりないので肌に優しいと言えます。

結局洗顔料と水のどちらがいいの?

洗顔に適しているのは洗顔料と水のどちらかということですが、どちらも一長一短ですので使い分けることが重要です。

洗顔料は肌の汚れを落とす作用が強いので、1日の終わりに洗顔料を使って洗顔をするといいでしょう。

ただし、洗顔料は皮脂を落としすぎるので1日に何度も使用するのはオススメできません。

洗顔料を使うのは1日1回にとどめておいた方が、必要な皮脂を肌にとどめておくことができます。

1日1回以上洗顔をしたい時には水による洗顔をオススメします。

水の洗顔は肌への影響が小さいので、1日に何度も行うことが可能です。

水の場合は洗顔作用が落ちると言われていますが、温度を上げると汚れを落とす作用が強くなる傾向があります。

もしも水で皮脂を落としたい時には、お湯での洗顔をするといいでしょう。

お湯の温度を上げすぎてしまうと肌が火傷をしてしまうので、その点にだけは注意をするようにして下さい。

洗顔は毎日行うものですから、どうやって洗うかで肌に与える影響は異なってきます。

洗顔料を使うのも、水だけで洗うのもどちらも大切ですが、大切なのはそれぞれの方法を適切に使用することです。

肌に優しい洗顔をして、テカリのない肌を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション