肌に優しいクレンジングの選び方 – メイク落としは肌に負担をかけているの?

clean

化粧を落とすためにするクレンジングは正直面倒なスキンケアです。

しかしきちんとクレンジングをしているかどうかで、その先の肌の運命が変わってきます。

たかがクレンジングと侮らず、少しでも綺麗な肌を保てるように日頃のケアで手を抜かないようにしたいですね。

スポンサーリンク

メイク落としが肌に負担をかける理由

多くの女性の方は外出する際にメイクをするはずです。

メイクをした日はメイクを落とすケアを行っていると思いますが、メイクを落とす作業は肌にダメージを与えていることが多いです。

なぜメイク落としによって肌にダメージを与えてしまうのでしょうか?

メイク落としに使われるクレンジングにもオイルタイプのものや、クリームタイプのものというように様々な種類があります。

しかしクレンジングの中には肌に刺激が強すぎてダメージを与えてしまうものも。

オイルクレンジングの利用は特に注意

クレンジングの中で特に肌に与える刺激が強いのがオイルクレンジングです。オイルクレンジングとは名前のとおり油によってメイクを溶かして落とします。

ただしその分、オイルクレンジングは化粧を落とす洗浄力がとても強いといわれています。

オイルクレンジングは洗浄力が強いため、他のクレンジングでは落ちにくいウォータープルーフ系の化粧などを落とすのに向いているため、メイクをしっかりと落とすことが出来ます。

クレンジングによって受ける、肌のダメージには界面活性剤によるものもあります。

界面活性剤とは石けんに含まれていることが有名で、油分を取り除く効果があるといわれています。

しかし界面活性剤の効果は強いので、肌に必要な皮脂までも落としてしまうことがあるのです。

皮脂とは肌から分泌される油であり、皮脂が肌を覆うことによって肌からの水分蒸発を防ぐことができるのです。

クレンジングによって皮脂を落とされてしまうと、肌に水分を留めておくことが出来なくなってしまうので、乾燥肌の原因になってしまうことがあります。

その状態が長く続いてしまうと、今度は皮脂の分泌量が異常に増えてしまうので、肌がテカリやすくなってしまいます。

クレンジングをしなかったら?

クレンジングによって肌に負担がかかってしまうのだったら、いっその事クレンジングをしなかったらどうなのでしょうか?

もしもクレンジングをせずに、化粧を全く落とさないでいると、クレンジングが与える肌への影響よりもさらに肌に負担を与えてしまいます。

この理由は化粧が酸化してしまうことにあります。

化粧は肌につけたまま放置していると、空気と結合し酸化していきます。

化粧が酸化すると肌の細胞を傷つけてしまうので、将来シワやシミができてしまう原因になったりします。

また化粧によって肌の水分が奪われてしまうので、乾燥肌の原因になることもあるのです。

もちろん、化粧の上に新しく化粧をしてもノリが非常に悪くなってしまうので、化粧をした際にはクレンジングなどの洗浄剤を用いて、毎日落とすことをお勧めします。

肌に優しいクレンジングの選び方・使い方

化粧をした時にはクレンジングなどできちんと化粧を落とさなければいけません。

ではどのようなクレンジングをどのように使うのが、肌にとって優しい方法でしょうか?

クレンジングの選び方ですが、しっかり化粧をしたか、軽くしたかによって使う商品を変える必要があります。

しっかり化粧をした時には、洗い残しがないようにクレンジング力の強いものを選ぶ必要があります。

その時にはオイルやクリームタイプのクレンジングを使うといいでしょう。

軽く化粧をしただけの時には弱いクレンジング剤で十分です。

ミルクタイプや、場合によっては洗顔料や水(ぬるま湯)で十分な時もあります。

ただし洗顔剤や水を使う際には汚れが残らないようにしっかりと洗顔してください。

最近ではオイルフリーのクレンジングなども出てきており、肌に優しい成分からできているものが増えてきています。

肌に優しい洗い方のコツは力を入れないことです。

化粧を落とそうと手や指で顔をゴシゴシとこすってしまいたくなりますが、肌が傷付く恐れがあるので逆効果です。

指の腹や手の平を使って撫でるように洗ってあげるだけでも、正しいクレンジングを使っていたら化粧は落ちます。

力を入れて肌を傷付くてはニキビが生じやすくなったり、シワの原因になることもあります。肌はデリケートですから、優しく洗ってください。

また、クレンジングを使った後はしっかりとすすぎを行ってください。

顔にクレンジングが残ったままだと肌を強く刺激してしまい肌トラブルの原因になることがあります。泡やクリームがなくなるまでしっかりと洗いましょう。

もちろんクレンジングをした後には保湿を忘れてはいけません。化粧水と乳液で乾燥肌を防ぎましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション