セルライトを予防するには?原因とメカニズムを知って事前に対策を!

cellulite

肌の見た目を悪くしてしまうセルライトですが、一度できた凸凹はなかなか消えることはありません。

セルライトを消すことが難しいのであれば、セルライトを予防する方法はないのでしょうか?ここではセルライトの対策についてお話しします。

スポンサーリンク

セルライトとは?

太ももなどの部分の肉を寄せてみると、凸凹していることがあります。

それが「セルライト」と呼ばれるものです。

セルライトは肌の凸凹を生じやすいので、見た目に影響を及ぼすことがあります。

セルライトを防ぐためにはどのようなケアがいいのでしょうか?

そもそも、セルライトとは一体なんでしょうか?

セルライトはもともと脂肪細胞です。

肥大した脂肪細胞がコラーゲンなどの成分と結合することによって、肌の中から排出されにくく硬くなったものをセルライトと呼びます。

セルライトはもともと脂肪細胞ですので、脂肪細胞がたまりやすい所にセルライトも生じやすいです。

脂肪細胞が溜まりやすい所はお腹や太ももがありますが、体の下の方が血液の停滞が起こりやすいので太ももの方がセルライトを生じやすいです。

セルライトの起こりやすさに血液の停滞と述べましたが、これはセルライトの生じ方に起因します。

セルライトの元は脂肪細胞ですが、脂肪細胞が肥大する原因は体内の老廃物を溜め込んでしまうことです。

血液が滞ってしまうと血中の老廃物が体外に排出されにくくなるので、セルライトが生じやすくなります。

血液の向かう先は心臓ですが、重力の関係もあるので頭よりも足の血液の方が心臓に戻りにくくなっています。

つまり、足の方に老廃物が溜まりやすいので、足にセルライトが生じやすいのです。

セルライトが生じる原因

セルライトが起こる流れはわかりましたが、セルライトが生じる原因はなんなのでしょうか?

乱れた食生活

セルライトが生じるのは体内の脂肪細胞が原因です。

ですから、脂肪細胞が増えやすくなる食べ物を過剰に摂取することによりセルライトが溜まりやすくなってしまいます。

脂肪細胞が溜まりやすい食べ物は、やはり油ものです。ジャンクフードや揚げ物などを好んで食べる人は、セルライトができやすいので注意が必要です。

運動不足

セルライトを生じる原因には老廃物が体に蓄積してしまうこともあります。

血液の流れが滞ってしまうと老廃物が溜まりやすいので、血液の流れを滞らせてしまう運動不足はセルライトを作りやすいです。

もちろん、運動不足によって脂肪が燃焼せずに溜め込まれていくことも、セルライトを増加させる原因になります。

体の冷え

体が冷えてしまうと体内の血液の循環速度が低下します。

ですから、体を冷やしたままにしてしまうと体に老廃物が溜まりやすくなるので、セルライトができやすくなります。

体の冷えで原因になりやすいのはエアコンです。

夏の暑い日にも体を冷やしてしまい体が温かくなることがありませんので、セルライトをできやすくします。

また、体を冷やすことは脂肪を燃焼しないので、やはりセルライトができる原因になります。

ストレス

ストレスは体の自動調節機能であるホルモンや自律神経を乱してしまいます。

ホルモンや自律神経には血圧を一定に保つために、血液の流れを調節します。

ホルモンや自律神経が乱れると血圧が低くなり、血流が低下することがあります。

老廃物がたまる原因になるので、セルライトも溜まりやすくなってしまいます。

セルライトを予防するには?

セルライトは一度できてしまうと、小さくするのに苦労します。

ですから、セルライトは予防に気をつけることが重要です。

セルライトを予防するためには血流の流れを悪くしないことです。

ですから、セルライトができる原因で述べた点に気をつけることが、セルライトを作らない方法として大切です。

食生活が乱れるとセルライトができやすくなってしまうので、正しい食生活を送ることが大切です。

油ものばかりではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。

運動を行うことで血液の流れを改善することができます。

激しい運動をする必要はなく、ジョギングやランニングなどを数十分行うだけでも血液の流れは良くなります。

ただし、運動は続けなければ効果がありませんので、三日坊主にならないようにしましょう。

体を温めておくことも血流を低下させないために必要です。

エアコンをつけっぱなしにして部屋に閉じこもるのではなく、できる限り冷房を付けない生活を起こるようにしてください。

もちろんストレスを感じない生活も大事です。

ストレスを感じた場合には、体をリラックスさせてストレスを溜め込まないようにしましょう。

ここまで原因別にお話ししましたが、まとめると規則正しい生活を送ることがセルライトを溜めにくくします。

それ以外にもマッサージを行うことで血流を改善し、体内の老廃物を排出させやすくします。

足先から心臓に向かってマッサージを行うと血液の流れに一致しているので、老廃物を効果的に循環させやすくなります。

セルライトは一度できてしまうとコラーゲンとくっついてなかなか消えなくなります。

ですから、セルライトを作らないように日頃から気を配る必要があります。

だからといって特別な対策は必要でなく、正しい生活を行うことがセルライトを作らないための予防法ですので、乱れた生活を送らないように気をつけましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション