化粧水・乳液・美容液の正しい順番は?

basic-skin-care

スキンケアに気を使っている人は化粧水や乳液などの化粧品を使っていることと思います。

もちろんこれらの化粧品は肌の調子を上げやすくするので、使った方がいいのは確かです。

しかし、これらの化粧品にはつける順番があり、間違えると化粧品の効果を発揮できなかったり、肌トラブルを引き起こす原因になったりします。

化粧品の正しい順番について知っておきましょう。

スポンサーリンク

化粧品などの役割を知っていますか?

化粧品にはたくさんの種類があり、それぞれどのタイミングで使用すればいいのか悩むところです。

特に、「化粧水」「乳液」「美容液」の3つはどの順番で肌に塗るべきか難しいです。

しかし、これらの化粧品を間違った順番で塗ってしまうと化粧品の十分な効果が得られないばかりではなく、不要な肌トラブルの原因にもなります。

そうならないように、化粧品のつける順番を知っておきましょう。

まず、それぞれの化粧品の役割をきちんと理解しているでしょうか?

化粧水

化粧水の主な役割は肌の潤いを良くするためです。

化粧水や乳液をつけるタイミングは洗顔やクレンジングなどのケアの後です。

これらのケアは肌の「バリア機能」が弱くするので、肌の水分が減りやすくなっています。

その水分を増やすために、化粧水を用いて肌への潤いを良くするのです。

肌に潤いを良くするために化粧水を用いるので、化粧水の主な成分は「水」です。

ただし、多くの化粧水にはセラミドなど肌のバリア機能に関与している成分や浸透力を高めるグリセリンなどを含んでいます。

そのため、普通の水に比べて肌への保湿や浸透機能が高くなっています。

乳液

乳液の主な役割は肌の保湿です。

乳液の主な成分は油分であり、油は表面からの水分蒸発を防ぐ効果があります。

実感しにくいのですが、肌からはたくさんの水分が蒸発しています。

冬の日に肌が乾燥することが多いと思いますが、それは大気中の水分が少なく肌からの水分蒸発が進みやすいからです。

先ほども述べましたが、洗顔などを行った後にはバリア機能が低下しているので、肌の保湿が低下しています。

ですから、洗顔後に乳液をつけることで、低下したバリア機能を補ってくれるのです。

美容液

美容液は化粧品や乳液と違い、タイプによって様々な効果があります。

もしも美容液を一言で説明するならば、「シミや保湿対策などで足りない成分を補う化粧品」です。

例えばシミはトレチノインやビタミンC誘導体などの成分が、シミを薄くすると考えられています。

化粧水などにもこれらの成分が含まれていることがありますが、美容液の方がより効率的にシミ対策の成分を補うことができます。

ただし、美容液は化粧水や乳液などと比べて若干高価であることが多いです。

そのため、化粧水などと比べ、必ずしも必要な化粧品というわけではありません。

シミやシワなどのピンポイントな悩みがある場合に用いると良いでしょう。

ちなみに、クリームを用いる場合には乳液の後につけるようにしましょう。

乳液と同じようにクリームにも油がたくさん入っているので、先につけてはいけません。

化粧水・乳液・美容液のつける順番は?

では化粧水、乳液、美容液はどの順番でつけるのが良いのでしょうか?

基本的には

  1. 化粧水
  2. 美容液
  3. 乳液

の順番でつけるのが良いと言われています。

洗顔をした後には肌の水分が低下しています。

肌の水分が減っている状態では、化粧品などの成分が肌の中に入って行きづらいと言われています。

ですから、まず化粧水を用いることで、肌の潤いを増やして化粧品の成分を入りやすくする必要があるのです。

肌に潤いができたら、シミ対策などの成分が豊富に含まれている美容液の出番です。

化粧水で肌の水分がたっぷりあるので、美容液が肌によく浸透してくれるため、美容液の効果を十分に発揮することができます。

最後に用いるのが乳液です。乳液は肌から水分蒸発を防ぐので、一番上の層にある必要があります。

もしも順番を間違ってしまうとどうなる?

化粧品をつける順番は上で述べたとおりなのですが、それを知らずに違う順番でつけてしまったらどうなるのでしょう?

乳液を化粧水や美容液よりも先につけてしまった場合、化粧水などの成分が肌に浸透できません。

乳液の働きは肌に油の膜を張って肌からの水分蒸発を防ぐことです。

肌の方から水分が通れない以上、外側から水分が入ってくることもブロックしてしまいます。

それは化粧水などでも例外ではありません。

つまり、乳液は最後に塗らなければ化粧水や美容液の効果をダメにしてしまう恐れがあるのです。

美容液を化粧水よりも先につけてしまった場合、美容液の効果は弱くなります。

化粧水を一番につけることの意味は洗顔などで失われた肌の潤いを取り除くためです。

もしも美容液を先に肌につけると、肌が十分に潤っていないので肌の中に浸透する美容液は少なくなります。

一番やってはいけないのは乳液のつけ忘れです。化粧水や美容液には保湿機能がほとんどありません。

ですから、乳液をつけなければ肌から化粧水などが蒸発していきます。

蒸発すると化粧水などの効果が得られないばかりか、もともと肌に存在していた水分も一緒に蒸発してしまうので、肌の乾燥が進んでしまうことがあるのです。

ですから、乳液をつけ忘れてしまうと乾燥肌やニキビができる原因になることがあります。

そうならないように、スキンケアの最後には必ず乳液をつけるようにしましょう。

ケアの順番には意味があり、つける順番をしっかり守ることによって潤いたっぷりの肌を手に入れることができます。

順番を間違えたり、つけ忘れたりすると肌に良くない影響を及ぼす可能性があるので、しっかりと順番を守るようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション