スキンケア化粧品の肌に悪い成分。配合するメリットとは?

bad-component

スキンケアにとって欠かすことのできないものは化粧品です。

しかし、多くの化粧品には界面活性剤や防腐剤などの成分が含まれています。

これらの成分は肌にとって良くないと言われていますが、なぜ肌に良くないのに化粧品の中に含まれているのでしょうか?

スポンサーリンク

スキンケア化粧品に含まれているもの

スキンケア化粧品は肌に様々な成分を与えるために使用しますが、化粧品に添加されている成分の中には必ずしも肌にとっていいものばかりではありません。

化粧品に含まれている肌によくない成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

まず考えられるのが界面活性剤です。界面活性剤は水と油を混ざりやすくする作用があるので、肌についた油汚れを落としたい時に使います。

そのため、化粧や皮脂を落とすためにクレンジングや洗顔剤の中に界面活性剤が含まれていることがあります。

界面活性剤が肌に与える影響は皮脂を落としすぎることやバリア機能の低下が考えられます。

界面活性剤の働きはとても強いので、肌にとって必要な皮脂までも落とすことがあります。

肌から皮脂がなくなってしまうと、水分が肌から出て行きやすくなるので乾燥肌の原因になります。

また、肌には水分を保持し、外部からの異物の侵入を阻止するためのバリア機能というものがあります。

クレンジングなどの界面活性剤の作用が強すぎるものはこのバリア機能までも影響を与えてしまい、保湿力の低下などを引き起こす可能性があります。

また界面活性剤の中には石油などから人工的に合成された合成界面活性剤などがあります。

石油から作られたものは石油系合成界面活性剤と呼びますが、これらの合成界面活性剤は肌に刺激を与えやすいと言われています。

そのため、肌が痒くなったりヒリヒリ感じる可能性が他の界面活性剤に比べて高いので注意が必要です。

化粧品に含まれているその他の成分としては、防腐剤が挙げられます。

防腐剤は名前の通り、腐ることを防ぐために含まれています。

化粧品といえど長期間同じものを使い続けていると、雑菌などが増殖してしまいます。

肌からの菌が誤って化粧水の蓋の部分に付着してしまうと、菌の増殖が起こりやすくなります。

そうならないように、防腐剤の力で化粧品を長持ちできるようになっています。

しかし、防腐剤は体にとっていいものとは言えません。

あくまで菌の増殖を抑えるためのものですから、防腐剤自体が肌に刺激を与えてしまう可能性も考えられます。

そうなると、界面活性剤同様に肌のかゆみなどを感じる恐れがあります。

界面活性剤や防腐剤は入っていない方がいい?

ここまで界面活性剤や防腐剤が肌に与える影響について述べましたが、これらの成分は化粧品の中に入っていない方がいいのでしょうか?

もしも界面活性剤がクレンジングや洗顔剤の中に入っていなければ、化粧や皮脂を落としきることができません。

特に化粧は落としきることができなければ乾燥やシミの原因になったりと、界面活性剤が肌に与える影響よりも大きなダメージを与えてしまいます。

皮脂を落とすことができなければ、ニキビなどの肌トラブルの増加が考えられます。

また、化粧品の中に防腐剤が入っていなければ多くの化粧品の消費期限は今よりも持って短いものになると思います。

さらに、化粧品の中に雑菌が増殖しやすくなり、肌に菌が侵入することでニキビやそれ以上の肌トラブルを招く可能性も否定できません。

つまり、界面活性剤や防腐剤そのものは肌にとっていいものではありませんが、それらの成分によって得られるメリットはそれらの成分が与えうるデメリットを上回ると考えられます。

ですから、界面活性剤や防腐剤の使用を一概に悪いとみなすことはできません。

界面活性剤や防腐剤との上手な付き合い方

もちろん界面活性剤や防腐剤をむやみに使いすぎるのも推奨できません。

使うことによって肌に少なからず影響を与えるのは事実です。

ではこれらの化粧品を使う時にはどのような場合でしょうか?それは使用することでのメリットが大きい時です。

例えばクレンジングは化粧を落とすために界面活性剤が含まれていますが、クレンジングの中には化粧を落とす力が強くない代わりに、界面活性剤がほとんど含まれていない種類もあります。

化粧をする時にはしっかりと行うときや、軽めにメイクをする時など様々ですが、軽めにメイクをした時には洗浄力の弱いクレンジングでも十分に洗い落とすことが可能です。

洗浄力の強いクレンジングを使ってしまうと、クレンジングが肌に与える影響の方が強くなってしまいます。

界面活性剤や防腐剤にはそれなりのメリットがあります。

その分使用する上でのデメリットも否定できませんが、必要なのは肌に影響を与えないように適切に使用することです。

必要な時にこれらの成分が含まれている化粧品を使うのが、賢い使い方です。

化粧品は肌に良い成分ばかりではなく、肌にとって良くない影響を与える成分も少なからず含んでいることがあります。

しかし、それらの成分が含まれているということは、含まれていることで何かしらのメリットがあるからです。

そのメリットと肌に与えうるデメリットをしっかりと吟味した上で、肌にとって良い化粧品を使うように心がけてください。

何も考えずに化粧品を使うことはなるべく避けるようにしましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション