乳輪周りの脱毛法は何がおススメ?自己処理での注意事項は?

areola-hair-loss

脱毛サロンによる全身脱毛がどんどん身近で気軽になってきた昨今。

いろいろな脱毛箇所の話題も飛び交うようになりましたね。

改めて自分の全身を見てみたとき、産毛も含めると、人間の身体は本当に全身体毛で覆われていることがわかります。

脱毛初心者さんが最初に一番勇気と覚悟を必要とする箇所は、おそらくVIO脱毛でしょう。そして、VIO脱毛と同じくらい、箇所的にも話題的にもデリケートだといわれているのが、乳輪周りの脱毛についてです。

美しいバストは女性の身体の魅力のひとつ。

ですが、乳輪部分にムダ毛が生えていることで悩んでいる人は、意外と少なくないのです。

中には、産毛だけではなく、男性のように太くて硬いムダ毛が乳輪に生えているという悩みを抱えている人も。

脱毛サロンによる全身脱毛コースでは、このような乳輪周りのムダ毛もキレイに処理できるのでしょうか。

スポンサーリンク

最適な方法は?乳輪周りのムダ毛の自己処理には危険がいっぱい

「小さい部位だから、乳輪周りくらいは自己処理でも大丈夫」と思ったあなた。

それはとんでもない間違いです。

ただでさえ肌トラブルを巻き起こすリスクの高い、ムダ毛の自己処理。

粘膜の近いVIOラインはプロの腕に任せようと誰もがすんなり納得するのですが、実は、乳輪周りもVIOラインと同じくらいデリケートで危険な箇所なのです。

カミソリでの自己処理の注意点

乳輪周りのムダ毛の自己処理で一番行われているのは、カミソリでの自己処理です。

カミソリでの自己処理は、表皮の角質も剥がし落としてしまい、乾燥や肌荒れの原因になります。

乳輪周りや乳房の肌はとても柔らかいので、赤みや痒みが出やすい箇所です。

更に、乳輪周りでカミソリでの自己処理をした場合、カミソリの刃からの刺激によって色素沈着が起こり、乳輪の色が濃くなってしまう危険性が高いです。

不必要に乳輪の色が濃くなるリスクは、女性なら避けたいですよね。

カミソリでの乳輪周りのムダ毛の自己処理は極力控えましょう。

それでもカミソリを使って自己処理をするなら、ムダ毛のある部分をピンポイントでやさしく剃るように細心の注意をはらい、何度も剃ることは絶対に避けましょう。

また、シェービングフォームを使用して、乾いたカミソリで処理するように心がけてください。

お風呂場での処理は避けましょう。

お風呂のように湿度が高い空間は雑菌がたくさん繁殖しているからです。

ボディーソープを使った処理は、肌に必要な脂分まで落としてしまうため、おすすめしません。

毛抜きでの自己処理の注意点

カミソリでのムダ毛の自己処理は、皮膚の表面に出ている毛の部分だけを剃り落とすだけのもので、すぐにまた毛が伸びてきます。

毛抜きでの自己処理は、カミソリでの自己処理よりは効果の持続性があり、仕上がりもキレイに見えます。

しかし、この方法は、抜け落ちるタイミングではない毛を無理矢理引っ張って抜いている行為です。

よって、毛穴の中の細胞は引きちぎられて傷になっており、炎症を起こしやすい状態になってしまう危険な方法なのです。

無理矢理毛を抜かれた毛穴が開きっぱなしになり、黄色ブドウ球菌が入り入り込んで傷口に触れると、毛嚢炎を引き起こします。

毛嚢炎は、ひどい場合はただれて痛みを伴うこともありますが、清潔にしていればいずれ直ります。

しかし、乳輪にダメージを受け、必要な皮脂の分泌が減少してしまうと、乳輪炎になります。

乳輪炎は、湿疹、ただれ、化膿まで悪化し、痒みも伴います。乳輪周りの皮膚は、他の皮膚より薄く柔らかくなっています。

その分、余計な刺激を与えてしまうと、炎症が大きいので、毛抜きによる乳輪周りのムダ毛の自己処理は絶対におすすめしません。

除毛クリームでの自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理には、除毛クリームを使用した方法もありますが、この方法もおすすめできません。

除毛クリームは、処理したいムダ毛の根本を包むように塗ることで、毛に含まれているたんぱく質に反応させて毛を溶かすしくみになっています。

しかし、皮膚にもたんぱく質が含まれているため、処理の際には、皮膚の表面も溶かされているのです。

乳輪周りの皮膚は極めてデリケートなため、相当なダメージを受けてしまいます。

また、除毛クリームの耐性の個人差は大きいため、万が一弱い体質だった場合は、かぶれたり、アレルギー反応が出たりしてしまう危険もあります。

除毛クリームでのムダ毛の自己処理は、乳輪周りにはおすすめしません。

家庭用脱毛器での乳輪周りのムダ毛処理はやけどの危険大!

それでは、家庭用脱毛器はどうでしょうか。

家庭用脱毛器は、脱毛サロンの施術で使用している脱毛機器と同じ原理でムダ毛を照射処理で、サロンの機器と同じように照射出力を調整することができます。

しかし、脱毛サロンの機器との一番の違いは、最大照射出力が小さい、ということです。

そう聞くと、出力を小さく設定して乳輪周りのムダ毛処理をすれば、肌トラブルもなく安全に自己処理できるのではないかと考える人もいるかもしれません。

しかし、この方法が一番危険です。

なぜなら、乳輪は周りの皮膚よりも色素がいくらか濃いため、いくら出力を小さく設定したとしても、周りの毛より乳輪のメラニン色素の色に強く反応することがあります。

その結果、火傷を負う危険性が極めて高いのです。

ましてや、乳輪周りのムダ毛はほとんどの人の場合は産毛なので、脱毛器の反応は乳輪そのものに対するよりも弱く、照射効果がほとんど期待できません。

したがって、乳輪周りのムダ毛の自己処理のなかで絶対におすすめできない方法は、家庭用脱毛器による方法です。

皮膚が薄い上にメラニン色素がたくさん。とっても難しい乳輪周りの脱毛

このように、皮膚が薄くて柔らかい上に、乳輪自体にメラニン色素が濃いため、乳輪周りの脱毛はとてもデリケートで難しい箇所になっています。

プロの腕に任せて脱毛するのが安全面では確実と言えるでしょう。

そして、たとえ脱毛サロンにおける施術でも、飽くまで“乳輪周り”つまり“乳輪の外側”の脱毛しかすることができません。

乳輪そのものから生えているムダ毛は脱毛サロンでは脱毛できません。

医療クリニックのレーザー脱毛では施術してくれるところもありますが、メラニン色素上の毛にレーザーを当てるので、確かな技術を持ったスタッフでも難しい施術とされています。

そして、何より激痛が走ります。ニードル脱毛なら施術可能ですが、ニードル脱毛は、もともと強い痛みの伴う施術方法です。

乳輪周りさえ脱毛できないサロンもあります

絶対に乳輪周りを脱毛したいと思っている場合は、入会申し込みをしようとしているサロンの全身脱毛コースの対象部位の中に乳輪周りが含まれているかどうかを、最初のカウンセリングでよく確認してください。

脱毛サロンによっては、乳輪周りの施術は含まれていないサロンもあります。

その場合、他の脱毛サロンに部分脱毛コースで別途申し込みすることをおすすめします。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション