アルビオンエクサージュの乳液で乾燥から無縁の肌へ!使用感や有効成分は?

albion

出典 http://www.albion.co.jp/products/skincare/ex_amm3

口コミで人気のアルビオンエクサージュシリーズ。
発売からずっとロングセラーの商品です。

高価な化粧品なので、手がでませんでした。

しかし、乾燥でお肌が砂漠状態になってしまい、思い切って試してみたんです。

乳液先行の効果や使用感についてまとめてみました!

スポンサーリンク

アルビオンって?

アルビオンと聞くと、言わずと知れた高級化粧品です。

創業以来、高級化粧品路線を崩さず、本物志向の商品ばかりです。

先進の技術開発で、独自の成分研究を行っています。

化粧品によっては、販売元と製造元が異なっていたりしますよね。

しかし、アルビオンは、原料選び、成分研究を自社で行っています。

徹底した素材選びをもっとうに、世界中から美容成分を集め、素材が育まれる環境を厳しくクチェックしています。

また、日夜美容効果の高い成分開発のため、自社だけではなく、大学や他企業と連携を量りながら最先端の技術を取り入れています。

自社内だけではなく、第三者機関でも安全性の調査を行ったりして、安全面への対策も強化しています。

ポリシーを持って素材や成分開発に力を入れているのであれば、アルビオンの化粧品が高価なのも納得できますね。

アルビオンってどこで購入できるの?

発売当初から、化粧品専門店や百貨店でしか購入できません。

百貨店は土日は混雑します。

化粧品専門店のほうが、じっくり美容部員さんとお話できますよ。

カウンセリングから行うことで、一人一人に合ったアルビオンの商品を提案してくれます。

意外と知られていない化粧品の価格設定

化粧品って女優さんを器用して、CMしたりしますよね。

化粧品の価格って広告宣伝費も含まれた価格になっているってご存知ですか?

化粧品成分は高価な物が入っていなくても、ものすごく高い化粧品ってありますよね。

それって、宣伝費が加算されて高くなっているんです。

しかし、アルビオンは、広告宣伝を行っておらず、配合成分にとことんこだわっています。

アクティベーション モイスチュア ミルク IIIの成分

アクティベーション モイスチュア ミルク IIIの成分は、水・ BG・ミネラルオイル・グリセリン・トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン・ジメチコン・メドウフォーム油・エタノール・ジカプリン酸PG・ PCA-Na・イガイグリコーゲン・エンドミセス/スミノミザクラ果汁発酵液・クリサンテルムインジクムエキス・グリコシルトレハロース・グリシン・トコ フェロール・マコンブエキス・加水分解コメエキス・EDTA-2Na・TEA・(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・(アク リレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・イソヘキサデカン・オクチルドデカノール・オレイン酸エチル・オレイン酸ソルビタン・カ ラギーナン・キサンタンガム・ステアリン酸・ステアリン酸グリセリル・セテアリルアルコール・パルミチン酸ソルビタン・ヒドロキシステアリン酸コレステリ ル・ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル・ベヘニルアルコール・ポリソルベート60・ポリソルベート80・ミ ツロウ・加水分解水添デンプン・水添レシチン・乳酸Na・エチルパラベン・フェノキシエタノール・メチルパラベン・香料・カラメルです。

BG

刺激の少ない保湿成分です。

天然物ではありませんが、低刺激です。

抗菌作用があるので、防腐剤を減らす役割もあります。

ミネラルオイル

皮膚によく伸びるオイルです。

油との相性がよく、クレンジング剤などによく用いられる成分です。

グリセリン

保湿効果の高い成分です。

一般的な乳液によく用いられる成分です。

トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン

べたつかない高価な油性成分です。

メドウフォーム油

北カリフォルニアや南オレゴンに自生するメドウフォームの種子から抽出されたオイルです。

しっとりと滑らかな感触を与える成分です。

エンドミセス/スミノミザクラ果汁発酵液

スミノミザクラ果汁を真菌により発酵させ、ろ過して作ったうるおい成分です。

グリコシルトレハロース

砂漠では、水がほとんどなくても生きている生物っていますよね。

その生命力の源は、トレハロースです。

強い生命力に着目し、乾燥した皮膚上でも同じ様な働きを発揮する為に作られた成分です。

グリコシルトレハロースは、保水性がよく、水分を保持する役目を果たしてくれます。

保湿力と乾燥を防ぐ肌のバリア機能を高めてくれます。

保湿成分として、セラミドやヒアルロン酸が最も有名ですよね。

グリコシルトレハロースもそれらに負けない保湿成分です。

メチルパラベン

低刺激の防腐剤です。

肌への刺激が低いので、多くの化粧品で利用されています。

しかし、紫外線によってシミやシワの原因になるといった研究もあるので、紫外線の多い季節には、注意が必要です。

肌の刺激にならないよう工夫された成分選びだといえますね。

高価なオイルを使用しているところも好感がもてます。

しっとりするだけの成分だけではなく、肌にツヤを与えたり、保湿したりする成分が沢山配合されています。

乾燥でお肌がカサカサという方にぴったりですね。

防腐剤が配合されていますが、無添加化粧品ではないので、これはしょうがないです。

洗顔後は乳液から

普通、洗顔後は化粧水→乳液という順番でスキンケアしていきますよね。

アルビオンは、洗顔後はまず乳液からというスタンスです。

先行乳液商品を使うのははじめてでした。

確かにアクティベーション モイスチュア ミルク IIIを先に使用することで、ふっくらとしたお肌になります。

乳液を先に使用することで、次の化粧水や美容液の浸透力が増しますよ。

アクティベーション モイスチュア ミルク IIIの使用感は?

アクティベーション モイスチュア ミルク IIIは、アルビオンのエクサージュシリーズの中で、最も濃厚で保湿に優れた乳液です。

テクスチャーは、乳白色でとろみがあります。

使用して行くうちに、お肌がもちもちっとしたやわらかいお肌になります。

1回にポンプ3プッシュくらいを目安に使います。

お肌って角層が約10層くらいあるんです。

肌表面だけに浸透させるのではなく、角層まで浸透させるのが重要なんです。

浸透力がすごいので、ベタベタした感じにはなりませんよ。

キメが整って、乾燥とは無縁になります。

ただ、アルビオンの独特の香りがちょっと苦手です。

アルビオンの化粧品には、しっかり香料がついています。

なので、無香料好きの方には、ちょっときついかもしれませんね。

まとめ

乾燥が気になって使い出したのですが、すぐに改善したんです。

強めの香りも、使っていくごとに慣れてきますよ。

110g3,000円、200g5,000円とお値段的にはしますが、潤いが満ちる実感が得られますよ。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション