化粧品が肌の老化の原因って本当?化粧が肌に与えるダメージとは?

aging-of-the-skin

化粧は、社会人としての身だしなみとして必須。

また、化粧によって、肌を美しく見せる効果もあります。

しかし、化粧は肌に負担をかけるだけでなく、肌の老化も進めてしまうのです。

化粧が肌に与えるダメージや化粧による肌老化を防ぐためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

肌の老化サイン!シミやシワが出来る原因

シミが出来る原因は、メラニンの沈着によるもの。

紫外線や外部からの刺激によって、皮膚の中のメラノサイト細胞が活性化しメラニンが生成されます。

メラニンが長期間、肌に蓄積してしまうと、シミとなって肌表面に出てきてしまうのです。

シワは、肌の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった、肌を支えるタンパク質が減少してしまうことで起こります。

肌のコラーゲンやヒアルロン酸の減少は、紫外線によって肌の構造が破壊されてしまったり、加齢によるホルモンバランスの乱れが原因です。

シミやシワは長い時間をかけて、ゆっくりと進行していくもの。

シミやシワは、肌老化の大きなサインでもあるのです。

化粧が肌に与えるダメージ

化粧による乾燥

化粧をすることによって、肌の水分が奪われてしまいます。

すると、肌の弾力がなくなってしまい、乾燥肌になってしまうのです。

また、化粧を落とす際に使用するクレンジングも、肌の乾燥を引き起こす原因の一つ。

クレンジングには、界面活性剤という油を分解してしまう成分が含まれているため、元々肌にあった油分もなくなってしまうのです。

化粧がニキビの原因に

化粧によって肌の乾燥状態が長く続いてしまうと、肌が油分が足りないと感じてしまい、皮脂を豊富に分泌するようになるのです。

すると、今度は脂ぎった肌になってしまい、ニキビの原因になります。

化粧による肌への刺激

化粧は、肌にとって異物。

化粧の成分が肌に合わないと、かぶれや蕁麻疹肌を起こしてしまう可能性があります。

肌に合わない場合は、すぐに使用を中止するようにしましょう。

化粧によって起こる肌の老化

シワの増加

肌の乾燥が続くと、肌表面からの水分蒸発を防ごうと、角質層が大きくなります。

それによって、肌にシワが出来てしまうのです。

特に、口や目の周りは、細い線のようなシワが出来やすい部分。

細い線のようなシワをちりめんシワと呼び、一気に老けた印象になってしまうので、注意が必要です。

シミの増加

化粧を落とさずに寝てしまうと、化粧が酸化してしまい、肌に大きな刺激を与えてしまいます。

化粧の酸化によって、メラノサイトが活性化し、メラニンが増加してしまうのです。

メラニンが増加すると、シミとなって肌表面に現れます。

また、口紅の色素成分が唇に沈着し、シミのようになってしまうことも。

必ず化粧は落として寝ましょう。

化粧による老化を防ぐポイントは?

化粧をしない日を作る

化粧による肌老化を予防するためには、必要以上に化粧をしないこと。

化粧が濃いほど、肌へのダメージは大きくなってしまいます。

化粧をする必要がないときには、化粧を控えたり、薄くしたりするようにしましょう。

化粧をきちんと落とす

化粧をした際は、きちんと化粧を落とすことが重要です。

洗い落とさなかったり、洗い残しがあったりする状態で寝てしまうと、化粧が酸化してしまい、肌へ大きなダメージを与えてしまいます。

肌の老化を防ぐためにも、クレンジングと洗顔を行い、化粧を肌に残さないようにしましょう。

毎日洗顔を行う

洗顔を行うことによって、肌のターンオーバーを促進することが出来ます。

ターンオーバーには、古くなった角質を洗い落とし、メラニンを排出しやすくする働きがあります。

ですから、シミやシワにとって効果的なのです。

面倒でも、毎日洗顔するように習慣付けましょう。

保湿を行う

化粧をした肌は乾燥しています。

ですから、化粧を洗い落とした後は、しっかりと保湿を行いましょう。

化粧水をたっぷりとつけて、乳液で蓋をするようにして下さい。

肌の乾燥が気になる時は、パックも効果的です。

女性にとって化粧は重要な存在。

しかし、化粧は、肌に負担を与えてしまい、肌の老化を早めてしまいます。

シミやシワは肌老化のサイン。

最近、シミやシワが増えて来たと感じたら、早めの対策が必要です。

肌への負担を少しでも減らし、スキンケアをしっかりと行って、老化に負けない肌を目指しましょう。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション