無添加化粧品の定義と選び方?本当に安全なの?

additive-free-cosmetics

スポンサーリンク

化粧品の無添加とはどういう意味?

最近の化粧品はナチュラルさを醸し出すために「無添加」という言葉を使う商品が増えています。

そもそも化粧品に表示されている無添加とはどういう意味でしょうか?

添加とは防腐剤などの成分、つまり本来の成分+αをしている商品のことを指します。

では無添加化粧品は本来の成分以外含まれていないのでしょうか?

実は無添加化粧品のほとんどにも、防腐剤などの成分が含まれている場合がほとんどです。

ではどうして無添加という言葉を使っているのでしょうか?

これに関係してくるのは「表示指定成分」という決まりです。

表示指定成分とは、指定されている成分を含んでいる場合には記載をしなければならないというものです。

2001年からはすべての成分を表示するように変更されましたが、1980年代からそれまでの間は指定された約100種類の成分しか表示義務はありませんでした。

2001年までの表示指定成分では、これらの成分を含まなければ、添加しているものを記載する必要が無かったので無添加という言葉を使っていました。

現在の無添加という言葉は、昔の表示指定成分で指定されていた成分が含まれていないときに無添加という言葉を使うことが多いです。

昔の表示指定成分は肌にとって何が良くないのですか?

昔の表示指定成分(以下:旧表示指定成分)はなぜ記載するように義務付けられたのでしょうか?

旧表示指定成分として指定されている成分の多くは石油系の成分です。

またその大部分は合成界面活性剤や防腐剤として使用されているものでした。

石油系の成分は数多く存在していますが、中には人体に良くない影響を与えるものもありました。

特に昭和40年代頃には多くの石油系成分を含んだ化粧品が発売されました。

しかしそれに伴い化粧品を使用することで、アレルギーなどの肌への影響を受ける人が増加してしまいました。

そのアレルギーなどの症状が特定の成分が引き起こしている可能性が高いとして、それらの成分は旧表示指定成分として認定されました。

ですから、旧表示指定成分に指定されている成分は、アレルギーなどの肌トラブルを引き起こす可能性が高いということになります。

 無添加化粧品を使えば大丈夫ですか?

では無添加化粧品ならば肌にダメージを与えることは少ないのでしょうか?

ここで問題になるのは「無添加」という言葉をメーカーがどういう意図で使っているのかということです。

上で述べたように、無添加という言葉を使っている化粧品のほとんどには旧表示指定成分で指定されていたものは含まれていません。

しかしそれ以上添加物が入っていないのかというのは、化粧品によって異なります。

旧表示指定成分に含まれていたものの多くは石油系の成分です。

しかし旧表示指定成分に指定されていなかったもの以外でも、石油系の成分は数多くあります。

また旧表示指定成分以降に使用され始めた成分もありますが、これらの成分が肌にとって全く影響がないと言い切ることはできません。

また「無添加」という言葉を、本当に何も加えていないという意味で使っているとすると、これも問題が生じます。

上でも述べましたが、添加物には腐ることを防ぐ防腐剤なども含まれています。

もしも無添加化粧品になにも加えていないのであれば、防腐剤も入っていないことになります。

防腐剤が入っていないと、日数の経過により化粧品は少しずつ腐っていきます。

当たり前ですが、腐ってしまった化粧品を用いても効果のないどころか、肌に深刻なダメージを与えてしまうことがあります。

ですから必ずしも、何も入っていないことがいいというわけではありません。

乾燥肌や敏感肌の人は無添加化粧品を選んだ方がよいと言いますが、このように全くの無添加というわけではありませんから、その人の肌に合わない成分を確認しておくことが大切です。

安全性を考慮に入れて化粧品を選ぶようにしましょう。

無添加化粧品を選ぶポイント

ならば無添加化粧品はどのような基準で選べばよいのでしょうか?

みるべき点は①石油系成分の有無②使用期限の2点です。

全てではないですが、石油系成分の中には肌に良くない影響を与えるものがあります。

現在の化粧品の表示指定はすべての成分ですから、全部の成分の良しあしを確認するのは骨が折れると思います。

ですから、せめて石油系の成分が含まれていないか、含まれているとしたら肌への影響がないのかまで調べると、すべての成分をチェックする手間が省けます。

また化粧品の使用期限についてみておく必要があります。

全くの無添加だった場合には、他の化粧品と比べて使用期限が短い可能性が高いです。

もちろん、使用期限までは普通に使用できるはずですから、使用期限を過ぎないように買う際に確認するようにして下さい。

肌のことを考えて無添加化粧品を選ぶことは、とても良いことです。

しかし無添加という言葉について正しい知識が無ければ、効果が全くないことや、肌にダメージを与えてしまう可能性すら考えられます。

そうならないように無添加化粧品についてしっかりと学んで、肌に良い無添加化粧品を選んであげるようにして下さい。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション