海外のサプリメントはコスパが良い?個人輸入は自己責任!

abroad-made-supplement

日本のサプリメントよりも海外のサプリメントの方が様々な面で優れていることから、海外の商品を輸入している人もいます。

しかし、海外のサプリメントには隠れた危険もあります。

それらの危険性をきちんと把握してサプリメントを使用しているでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ海外のサプリメントが人気なのか?

日本発のサプリメントはたくさんありますが、サプリメントにこだわる人は海外からサプリメントを個人輸入で取り寄せている人もいます。

なぜ日本のサプリメントよりも海外のサプリメントを選ぶのでしょうか?

その理由は大きく2つあります。

1つ目はサプリメントに含まれている成分です。

日本におけるサプリメントの立場は、食事で足りない成分を補うためと決められています。

ですから、サプリメントに含有できる成分にも厳しい制限があります。

しかし、海外のサプリメントはその国の基準で作られていますから、日本のサプリメントよりも1粒に多くの成分が入っていることが多いです。

特にアメリカのサプリメントなどは肥満体型が多いアメリカ人にも効果が出るように含有量が多いことが有名です。

もうひとつの理由は値段です。

日本で同量のサプリメントを購入するよりも半分以下の値段で手に入れることが出来る場合があります。

海外から取り寄せる場合には通関などの問題もあるので一概に良いとは言えませんが、毎日飲むサプリメントを安く押さえたい人にとって、海外からの輸入は一考する価値があります。

海外のサプリメントは危険?

確かに海外のサプリメントは含有量も多く安いので、人気があるのも頷けます。

しかし、海外のサプリメントを飲み続けることによって、体に大変危険な影響を及ぼす可能性もあります。

海外のサプリメントは含有量が多いことがメリットですが、それは同時にデメリットにもなります。

サプリメントに含まれる成分は体に足りないものを補うためにあるので、サプリメントを飲みすぎてしまうと過剰摂取になる可能性があります。

過剰摂取をした場合、成分によっては体によくない影響を与えることがあります。

サプリメントに多いビタミンの過剰摂取をした場合には以下のような症状が現れることがあります。

ビタミンA過剰:食欲不振、嘔吐、頭痛、関節痛、皮膚色素沈着

ビタミンD過剰:嘔気、腹痛、下痢、多尿

ビタミンC過剰:尿路結石、下痢

ビタミン類だけ例にとっても、過剰摂取によって様々な反応が起きる可能性があります。

上でも述べたように、海外のサプリメントはその国の人を基準にして作られています。

そして、人種などの違いによって体内での過剰量は異なっているので、海外のサプリメントは日本人にとって必ずしも安全を保障するものではありません。

日本のサプリメントは安全面に考慮してサプリメントに含まれるビタミンなどはそこまで多くありません。

しかし、日本のサプリメントは法律によって定められた厳しい規制を合格した製品しか世に出てくることが出来ませんので、日本のサプリメントの方が安全といえるでしょう。

海外のサプリメントが危険な理由はもうひとつあります。

海外のサプリメントによってはその国の審査などがしっかりしていない可能性があるため、成分を偽装したサプリメントが流通している場合があります。

アメリカなどの大きな国はFDAなどの機関がありますので大丈夫なことが多いのですが、東南アジアなどの国では全てのサプリメントの安全性や成分のチェックをしていない場合があるので気をつけなければいけません。

成分が偽装されていた場合、当然求めている効果を得られないばかりか、体に良くないものが含有されていた場合には人体に悪影響を及ぼします。

チェックがゆるい国では日本ではサプリメント等に含むことが禁止されている成分も含まれていることがあります。

海外のサプリメントを使用するときに注意すること

では海外のサプリメントは使わない方がいいのでしょうか?

安全面を考慮するならば、確かに日本製のサプリメントの方が安心です。

しかし、海外のサプリメントも、十分注意するならば、使用することが出来ます。

まず気をつけることはサプリメントが作られた国です。

先進国のサプリメントはその国の基準をクリアしているものが多いですから、比較的安心して使用することが出来ます。

しかし、アジアやアフリカ等の国々はそのあたりの基準があいまいな可能性がありますから、サプリメントがアジアやアフリカで作られている場合には使用するのを控えた方が良いでしょう。

もうひとつ気をつけることは、サプリメント1粒あたりの含有量です。

海外のサプリメントは1粒の含有量が多いことがほとんどですから、1粒飲んでも体に悪影響を及ぼさないか確かめる必要があります。

成分量や表示は販売しているサイトに書いていたり、商品のラベルに書いたりしていることがほとんどですから、サプリメントを飲む前にチェックしてください。

もしも1粒では過剰に摂取してしまう場合にはピルカッター等でサプリメントを細かく砕くと、摂取する量を変えることが出来ます。

まとめ

海外のサプリメントはコスパがいいので選ぶ人も多いです。

しかし、海外のサプリメントは日本のものに比べて危険性が高いといえます。

日本のサプリメントを使うのが安全面ではベストですが、生産国や含有量をきちんと把握することによって海外のサプリメントも十分使うことが出来ます。

どうしても海外のものを使いたい場合には以上のことに気をつけるようにしてください。

記事のシェアをお願いします!

RSSに登録

スポンサーリンク
ナビゲーション